総量規制とは、収入の三分の一をこえる新たな借り入れが無理なこと|借りやすい銀行でお金を借りる

パーツ

総量規制とは、収入の三分の一をこえる新たな借り入れが無理なこと

先日、兄からお金を貸してほしいと相談されました。 私にも家族がいて家計が楽とは言えないので、貸せないと答えました。 以前から兄には借金癖があるので、時々は実家の両親が立て替えて返したということが何度かあり、そのたびに、今度はお金を借りないように念押ししていたのですが、また借りたらしいのです。 返すアテがないので別のところから借りるという自転車操業になっているみたいです。 でも、、ついに総量規制にひっかかったとかで借りられなくなったので、私のところに来たそうです。 お金借りる 銀行の場合は総量規制に兄は怒っていましたが、これはどのようなものですか。 これから先ずっと、兄が借りられなくなるのなら安心なのですが。


★困ったお兄さんですね。
借金癖は直すのが難しいですが、身を滅ぼすもとです。 ご両親も妹さんも大変でしょうから、早急に家族会議を開いて真剣に身を立て直してもらいたいところです。 それはさておき、総量規制についてお答えします。 簡単に言えば、借り主の年収など収入額の三分の一を越える金額の借金はできないということです。 これは、賃金業者一カ所から借りた総額はもちろんですが、数カ所から借りた総額にも適用されます。 ある賃金業者からすでに借りている借り主が、新たに別の賃金業者から借りようとする時には、別の賃金業者が指定の信用情報機関を利用して、借り主の借入残高を確認することができます。 その確認をしたうえで、新たな借金額を足した場合に借り主の収入の三分の一をこえる場合には、別の貸金業者は借り主に貸し出せないことになるのです。 ようするに、新たに借金を申し込めなくなるということです。 ただし、借金総額が返済によって減ってくると、また新たに借りたい金額を足しても三分の一を越えなくなる時期がきます。 そんな状態になると、また借金を申し込める事になりますので注意が必要です。 お兄さんは新しく借りることよりも、今残っている借金を自分の収入から返すようにすることが大切です。 家族だけで対応が難しいようなら、弁護士相談だけでもうけるようにお兄さんを説得できるとよいですね。

パーツ
Copyright c 2013- 借りやすい銀行でお金を借りる|借りやすいところででお金を借りる All Rights Reserved.